ニュース

NEWS

スマートデバイス向けセキュリティ技術の特許取得のお知らせ ~カメラ機能及び顔認証システムを利用した2要素認証技術~

201604011_KSPress Release_FaceRecognitionSystem

スマートデバイス向けセキュリティ技術の特許取得のお知らせ
~カメラ機能及び顔認証システムを利用した2要素認証技術~

 

業務支援型クラウドコンピューティングカンパニーのナレッジスイート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:稲葉雄一、以下ナレッジスイート)は、スマートデバイス向けに新しい認証技術を活用したセキュリティ技術における特許を取得いたしましたことを発表いたします。

【スマートデバイス向けセキュリティ技術特許取得の背景】
スマートデバイスの利活用が活性化される中、同時に紛失盗難の危機が問題視され、法人利用においては十分な機密性の担保が重要な要素になっております。スマートデバイスを管理する為のMDM(Mobile Device Management)による管理が必須でありながら、十分な管理方法や抑止にどこまで機能しているかは定かではありません。紛失後その紛失に気づくまで。または気づいてからスマートデバイスを制御するまでのプロセスや時間に大きな課題が挙げられております。
この特許技術は、その気付きMDM(Mobile Device Management)で制御するまでの空白時間を守る為の技術です。

【特許技術の特徴とは?】
特許証

 

この特許技術は、MDM(Mobile Device Management)で制御されるまでの空白時間を守る為に生まれた特許技術です。特許技術の活用例は、2要素認証セキュリティを元に考えられており、 不正アクセス時の顔写真撮影と顔認証及びパスコードを活用した特許技術になります。
特許の利用想定は、通常初期パスコード入力において、一定回数の間違いで正面カメラが起動し、位置情報と共に不正アクセス者をカメラで撮影し、その写真データと位置情報を指定管理者に自動送信すること想定しております。
また初期パスコードが解除されても、次に顔認証による顔のカメラ撮影と第2パスコードを要求されることで、不正ログインの抑止効果にもつながります。

【特許承認】
発明名称:顔認証システム及び顔認証プログラム
特許番号:5901824
○特許技術を活用したセキュリティアプリ例

 

特許

 

【今後の展開】
この特許技術を活用し、顔認証技術との連携や組み込み、またセキュリティ関連会社への技術提供や共同開発など、協業を中心にした取り組みを検討しております。

 

【本リリース/取材等に関するお問い合わせ】
TEL:03-5440-2083 / FAX:03-5440-2086
E-Mail : info(アット)ksj.co.jp
ナレッジスイート株式会社
広報担当:柳沢/尾崎

 

 

 

PAGE TOP