Monthly Archive:: 12月 2013

SFA(営業支援システム)比較のポイント

営業活動を支援するSFAの導入は決して安い買い物ではありません。 どのSFAを導入するかは大きな問題です。 私としては、できるだけ多くの製品を比較検討することをお勧めします。 というのも一口に「SFA」といっても各製品に特徴があり、 その特徴が自社の業務に適しているかどうかを判断する必要があるからです。 いくつかSFAを調べてみたけれど、どこをポイントにして比較していいか分からないという方のために、今回はSFAを比較する際のポイントをご紹介します。 ≪SFA比較のポイント①≫ ~導入の目的を達成するための機能は備わっているか~ 解決したい企業の課題に対して、それを解決できる機能が備わっているかどうかは重要なポイントです。SFAの導入を検討している企業様でしたら、必ず実現したい目的があるはずです。 その目的が実現するために必須となる機能が備わっていなければ、他にいくら優れた機能があったところで、SFAを導入した本来の目的が達成されることはありません。 SFAを比較する際には、自社が必要としている機能が備わっているかどうかを確認することが重要です。 Wikipedia等にもSFAの機能比較表が掲載されていますので、参考にしてください。 出典: Wikipedia SFA ≪SFA比較のポイント②≫

SFA(営業支援システム)の導入で失敗しないために

SFA(営業支援システム)やCRM(顧客管理システム)といった営業活動に関するシステムのニーズが増える一方で、そういったツールの導入に対して、積極的に踏み切れない企業様が多くあります。 ただし、SFAの導入に積極的ではないからといって、決して必要ないと思っているわけではありません。 以前のブログでも記したとおり、SFA(営業支援)/CRM(顧客管理)システムへのニーズは高まっており、未導入の企業様でも、一度は導入を検討されているのではないでしょうか? <前回ブログより> 営業支援システム(SFA)を改めて考察する ~なぜ今、営業支援システムが改めて注目されているか?~ では、必要と分かっていながらも、なぜSFAの導入に積極的になれないか。 その要因としてよく耳にするのは 「SFAの導入に関する失敗事例を聞くことが多い」 というものです。 『失敗事例』のなかには ・SFAを導入したのに売り上げが上がらなかった ・SFAの利用が社内に定着しなかった ・社員の業務負荷がSFA導入前より増大してしまった 等といった様々なものがありますが、