menu

プロジェクトストーリー 第3話『ハプニング大賞な話』

Knowledge Suiteの足跡 対談:R&Dユニット 日下部聡久×ソリューションユニット 江戸純哉

第3話『ハプニング大賞な話』

ソリューションユニット 江戸純哉

開発と営業は水と油!?

  • 江    戸
    日 下 部ハプニング!? ないなぁ~(笑)
  • インタビュアー開発と営業で揉めちゃった話とかはどうでしょうか?
  • 江    戸揉め事もないよね?あったっけ?
  • 日 下 部入社前は営業っていう職種が嫌いというか、世の中的にも開発と営業は水と油とかって表現をされているし・・・ でも、入社してみるとそういう風に思ったことなくて、みんなで作ってきたって思えます。
    営業からの注文や要望があるのは良いことだと思っていて、厳しい納期であっても応えたいという気持ちで対応しているから、今やれるところを精一杯やっていきたいというイメージで取り組んでいますね。
  • 日 下 部
    ハプニングというか、こう揉めたというよりも、大規模対応だったりUI(*3)を変えたりした時にどんな物がいいのかやりとりをしていて、意思疎通がうまくいかないまま進めてリリースしますってだしたら、やりとりと違うものだったので、江戸さんから指摘をされて、そこからリリースに間に合わないスケジュールをなんとか作り直したことがあってそのときは本当に気持ちが引き締まったし、焦りましたね(笑)

R&Dユニット 日下部聡久

  • 江    戸今まで喧嘩とか本当になくて、言いたいことを言っていないとかでもなくて、現場の声やお客様の意見をどう開発側に伝えるかっていうのは、伝わるような言葉に変換したり選んだりしていて、いい意味で開発を口説いてやってきているし、こっちも無茶難題は言わないので、いい関係性を保っていると思う。開発内ではどうなの?
  • 日 下 部そうですね。内部的にちっちゃい揉めことはどこにいってもあると思うんですよ。でも、飲みに行ったりして気付いたら熱い話し合いで解決できていたり、みんな信念を持って意見をぶつけ合える環境があるから、後腐れもなく仲良くやっていますよ。
  • 江    戸みんなプロ意識をもって働いているのがわかるから、働きやすい。今後、たとえ揉め事があったとしてもそれはそれでいいと思っていて、そこからまた熱い思いや絆が生まれるかもしれないでしょ。
    人それぞれいろんな意思を持っていても、同じ志をもつ仲間が増えていけばいいなって思います。

*3 ユーザインタフェース (User Interface)の略語。コンピュータを操作するときの画面表示、ウインドウ、メニューの言葉などの表現や操作感のこと。情報をやりとりする上でのコンピュータと人間の接点となり、機器の使用感に大きく影響する。

まとめ

営業と開発は犬猿の仲とはよく言ったものですが、ナレッジスイートには営業と開発の理想の形が存在しています。
常に和やかな雰囲気があり、時にセンシティブな雰囲気もありますが、社員ひとりひとりが働きやすい環境づくりに励んでいるので、新入社員はいつでも大歓迎です!! 未経験だったり不安がいっぱいでも、とりあえず飛び込んでみてください!
全力で受け止めてみせます!!(笑)
次は何の出目かな?お楽しみに♪

  • 執行役員 江戸純哉

    若手に負けないノリの良さ♪
    営業のドンであり、出向しても圧倒的な存在感でみんなを引っ張っている

    2008年ナレッジスイート株式会社(旧ブランドダイアログ株式会社)に入社。
    年間約300社、延べ2000社の業務改善提案に携わるほか、官公庁・大規模案件導入や業務提携を実現させ2014年執行役員に就任。
    プレイヤーとしては法人営業部門の年間売上の38%を1人で獲得し、リアルトップセールスインタビューへの掲載や、数万人規模の来場のある展示会で多くのセミナー・講演を行うなどの多方面で活躍中。

  • 社内No.1のイケメン!!
    夏はメガネに扇子で若頭的な存在感を放つ!!(笑)

    2009年 ナレッジスイート株式会社(旧ブランドダイアログ株式会社)に入社。
    Knowledge Suiteの開発において、WEBアプリケーション側を担当し、2011年よりWEBアーキテクトとして機能強化に従事。
    現在は、Knowledge Suiteから離れ、新たなビジネス領域の新規サービスを開発中。