創業秘話

立ち上げのキッカケ、オモイをお話しします
ブランドダイアログ → ナレッジスイート

画家志望からプログラマーへ

小学生の頃は、先生について絵を習っていました。
自分で言うのもなんですが、才能はあったんですよ!
ところが中学生の時にたまたま始めたプログラムがおもしろくなり、のめりこんで行きました。
当時はまだ家庭にコンピューターなんてなかったので、電気屋さんのデモ機でプログラムを組み、ゲームを作って遊んだりしていました。

将来を決定づける思考がここで

工学系の学校に進みましたが、勉強し始めたら挫折してしまいました。
しかし「人間の知識や知恵を集約して、行動の効率化はできるんじゃないか」という思考が生まれたのはこの頃です。
コンピューターは曖昧をすごく嫌う。だから全ての情報を数値化すれば、人間の行動を効率化することができる!と。

ずっと考えていた手法が大ヒット

もともと絵を描くというクリエーティブが好きだった私は広告業界に入りました。
業界には13年くらいいたでしょうか?
主にネットを活用したクロスメディアプランナーの業務に携わりました。

そこでたまたま飛び込んだ自動車メーカーにこれまでずっと考えていた「インターネットを活用したCRM/SFA戦略」をプレゼンしたところ、大絶賛され、あれよあれよという間にその戦略は爆発的大ヒット!「このキャンペーンは凄い!」と業界で大注目を浴びました。
今や当たり前になった「ネットマーケティング」ですが、その言葉すら珍しい時代です。
日本で最初にインターネットを活用したCRMやSFAを作ったのは、実は僕かもしれません!

頭に描いたものを進化し続ける

クロスメディアプロモーションプランナーとしてノリノリだった時期でしたが、クリエーティブの世界と違ってプロモーションプランナーの地位は低いんです。
自分の発想力や実行力がピークのうちに起業しよう!
電通内プランニングMVPを2年連続獲得していた時に決心し、30代半ばで起業しました。

弊社は新しいビジネスに取り組んでいるように思われがちですが、実はずっと考えていたことを進化させているにすぎません。
「クラウドベンダー」と名乗ってはいますが、それに捉われることなく、これからも時代と共に進化し続けていきます!!