ニュース

NEWS

経済産業省が選定する『DX認定事業者』の認定を取得

20220606_PressRelease

営業支援・業務支援クラウドコンピューティングカンパニーのナレッジスイート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 稲葉 雄一、東証グロース市場:証券コード3999)は、2022年6月1日付で経済産業省が定める『DX認定取得事業者』に認定されたことをお知らせいたします。

 

Web キャプチャ_6-6-2022_102416_192.168.110.49

 

DX認定制度とは

DX認定制度とは「情報処理の促進に関する法律」に基づき、「デジタルガバナンス・コード」の基本的事項に対応したビジョンの策定や、戦略・体制の整備などを行い、デジタル変革の準備が整っている(DX-Ready)事業者を認定する制度です。当社が認定適用された2022年6月時点で、当社を含む420社が認定されております。

 

DX認定制度認定事業者一覧(6月認定事業一覧)

https://disclosure.dx-portal.ipa.go.jp/p/dxcp/top

 

 

認定取得の背景取り組みについて

当社は「Change The Business~中小企業のビジネスを変え、日本経済の活性化に貢献する~」をパーパスに、「脳力をフル活用できる世界へ」を企業ビジョンに掲げ、中小企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進しております。

当社グループを取り巻くIT業界は、新型コロナウイルス感染症拡大をきっかけとした経済活動のオンライン化を契機に、また、潜在市場の開拓へ向けた中小企業DXを後押しする国策を追い風に、企業のDX化が加速しております。

このような状況下において、当社が開発・販売する営業支援SaaSを通じて、社員一人ひとりのノウハウ・経験や個人が抱えている情報等といった目に見えない暗黙知(知識)のビックデータをAI分析により可視化し、変化し続ける生きた会社(情報)資産に変えて、営業活動の効率化また自動化を推進する取り組みを行っております。

 

 

〇SFA/CRM統合型ビジネスSaaSKnowledge Suiteとは

営業活動における商談管理等の営業支援SFA、顧客管理CRM、社内コミュニケーション・情報共有の

グループウェアを統合連携。中堅・中小企業向けにジャストフィットさせたオールインワンビジネスSaaS。

https://ksj.co.jp/knowledgesuite/

 

〇GPS位置情報を活用したフィールドナーチャリングCRMGEO CRM』とは

地図上の顧客カルテを更新することで、見込み顧客育成を目的とするモバイルCRM SaaS。

https://ksj.co.jp/geocrm/

 

〇オンライン会議商談SaaSVCRMとは

お客様と営業スタッフをWebで瞬時につなぎ、オンライン商談を可能にする営業特化型ビジネスSaaS。

https://ksj.co.jp/vcrm/

 

〇業務アプリケーションプラットフォームShelter』とは

社内業務を統一化、様々なデータを統合管理することが可能なビジネスアプリケーションプラットフォーム。

https://ksj.co.jp/shelter/

 

〇統合認証管理ROBOT IDとは

企業で使用される多くのアカウントを一括管理する、統合認証管理アプリケーションプラットフォーム。

https://ksj.co.jp/robotid/

 

〇ビジネスチャットInCircleとは

シンプルなUI/UXとチャット機能に特化することで、利用ユーザーを迷わせず業務の効率化を実現し、

金融機関も利用する高度なセキュリティと、カスタマイズ性/拡張性のあるビジネスチャットSaaS。

https://ksj.co.jp/incircle/

 

〇BtoBマーケティングデータサービスPapattoクラウドとは

BtoBマーケティングに特化した企業データベースをかんたんに検索でき、営業・テレアポ・マーケティング

対象の企業データを低コストで利用できる営業リスト作成サービスです。

https://www.net-bizs.jp/papatto-cloud/

 

PAGE TOP