ニュース

NEWS

位置情報ハイブリッド受信技術及び通信状況が圏外時の一時保存技術に関する特許取得のお知らせ

20140903_KS_PressRelease.pdf

 業務支援型クラウドコンピューティングカンパニーのナレッジスイート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:稲葉雄一、以下ナレッジスイート)は、位置情報サービスを活用したルートセールス向け営業報告SFA/顧客管理CRM「GEOCRM.com(ジオシーアールエムドットコム)に実装されている、位置情報ハイブリッド受信技術及びモバイル通信状況が圏外時の一時保存技術に関する特許を取得いたしましたことをお知らせいたします。

ナレッジスイートは、グループウェアや営業支援SFA/顧客管理CRM統合ビジネスアプリケーションKnowledgeSuite(ナレッジスイート)や、位置情報サービスを活用したルートセールス向け営業報告SFA/顧客管理CRMアプリケーションGEOCRM.com(ジオシーアールエムドットコム)など営業支援を中心としたクラウド型ビジネスアプリケーションを開発しております。この度、GEOCRM.comの特徴でもある、スマートフォンをはじめとした移動体端末に実装されている位置情報技術を活用した時のバッテリー消費量を最小限にまた高精度を保つためのハイブリッドで受信する技術に関する特許を取得いたしました。また同時に、スマートフォンをはじめとした移動体端末が圏外時であっても、位置情報を測位し端末側で一時保存させる機能に関する特許を取得いたしました。この発明は、携帯電話事業社の圏外問題に依存されることなく、直行直帰時の勤怠管理をはじめとした位置情報サービスに威力を発揮し、スマートフォンをはじめとした移動体端末と相性が良い、地図情報と連動したさまざまなサービスに応用が可能になります。今回の特許登録により、ナレッジスイートの技術力の先進性を示すことができますと共に、GEOCRM.comの機能として、独占的な権利を取得することができました。今後はGEOCRM.comに留まらず、この特許技術を必要とする企業と積極的な連携を推進し日本の技術力発展に貢献して行ければと思います。

<特許権の概要>
登録番号:特許第 5571858 号
発明名称:活動管理用無線通信端末及びプログラム
詳細内容:測位の高精度/低精度の自動切り替えや、通信不能時に通信データを一時保存することを特徴とする発明

■『GEOCRM.com』に関するWebサイト:
http://geocrm.com
https://itunes.apple.com/us/app/geocrm.com/id867440343?l=ja&ls=1&mt=8
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.geocrm.android&hl=ja

PAGE TOP