Mobile First & Cloud First  モバイルファースト & クラウドファーストTEL:03-5440-2081受付時間:9:00~18:00(土日休日を除く)お問い合わせ

ニュース

株式会社プロディジ様、 Knowledge Suite (ナレッジスイート)を導入

~人に頼った営業からクラウドSFAで組織的な顧客商談管理にシフト~

20170111_KS_PressRelease

 

業務支援型SaaS・クラウドコンピューティングカンパニーのナレッジスイート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 稲葉雄一)が提供する『Knowledge Suite(ナレッジスイート)』の最新導入事例として、主に医療システムからゲームなど幅広いソフトウェア開発や企画営業をしている株式会社プロディジ様(本社:東京都千代田区、代表者 山嵜 吾郎、以下:プロディジ)の事例をご紹介いたします。
prodigy

 

運用責任者:左/営業 田代 亘 氏 中央/代表取締役 山嵜 吾郎 氏 右/常務取締役 三澤 悠馬 氏

  • 導入背景

「当社は2006年に設立、ITソフトウェア開発を主に行っています。業務系・ゲーム系を得意としており、創業から培った企画力や構想力でクライアント様の高度な要求に応え、業績を伸ばしてまいりました。

昨今のデジタル分野における開発要求と意思決定は早いため、私たちも即座にクライアント様の要求にお答えしなければなりません。そこで今まではGoogleスプレッドシートを使って案件や人材の管理を各営業で共有をしていましたが、顧客と人材と案件それぞれがシートとリンクしていない点やスマートフォンで見にくい点、登録・更新のメンテナンスがしにくい点など運用が上手くできていませんでしたので、顧客の一覧、外注の一覧、社員の一覧、仕事と人のマスタの一覧があれば、あとはそれらをパッと見て把握できるツールを求めていました。

『Knowledge Suite』との出会いは、以前『Knowledge Suite』の製品開発に携わっていた方と知り合ったことと、前職で導入していて使ったことがある社員もおり導入定着のイメージがつきやすかったのが大きな理由です。他には情報収集のため他のSFAも調べてみたところ金額の面でも安いのと、営業の人数も増えてきていますし、仕事も人も数日ですぐ決まってしまったりするのでスピード感や即時性がとても重要なので『Knowledge Suite』であればそれらが全てできそうだと判断しました。」と、代表取締役 山嵜 吾郎 氏。

 

今回は、プロディジ様より、『Knowledge Suite』の導入検討からの経緯と今後の取り組みをお伺いしています。詳細につきましては、導入事例集にてご紹介しておりますので、下記よりお申し込みください。また、『Knowledge Suite』の導入企業に関しましては、下記の導入企業一覧ページをご参照ください。

導入事例集の申し込み: https://knowledgesuite.jp/form/contact.html

導入企業一覧: http://knowledgesuite.jp/case/

当社は、引き続きプロディジ様をはじめとする、クラウド型統合ビジネスアプリケーション『Knowledge Suite』導入企業様の一層の効率化・生産性向上を目指し、機能面の向上及び充実を図ってまいります。

 

 

  • 会社概要

名     称 : 株式会社プロディジ
設立年月日 : 2006年5月
所  在  地 : 東京都千代田区外神田2-13-7 ダイニチ神田ビル6F
代  表  者 : 代表取締役 山嵜 吾郎
事 業 内 容: ・スマートフォンアプリ/ゲームの企画・開発・運用・販売
・モバイル/PC/コンシュマーゲームの企画・開発
・WEBアプリケーションの開発
・パチンコ・パチスロ液晶画面制御プログラムの設計・開発
・画像処理アプリケーション開発
・企業内ITシステムのSI・コンサル・運用保守支援

U   R   L: http://prodigy-inc.co.jp/