ニュース

NEWS

Japan’s Future Project始動のお知らせ~業務の20%を活用し5年後の未来のビジネスを作る~

20181116_KSPress-Release

 

営業支援・業務支援クラウドコンピューティングカンパニーのナレッジスイート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 稲葉雄一、東証マザーズ上場:証券コード3999)は、社員の勤務時間の20%を活用し、新技術、新サービス、新プロダクト、技術教育時間を軸に、5年後の未来のビジネスを創造する社内プロジェクトを始動することを発表いたします。
ナレッジスイートは今まで毎月約300件の問い合わせをいただいておりましたが、上場来今では毎月約800件のお客様からお問い合わせをいただくサービスに成長しております。働き方改革を推進する、また検討する中小中堅企業の業務効率に大きく寄与することが理解され、Knowledge Suite(ナレッジスイート)の導入が本格化していることを実感しております。当社はKnowledge Suite(ナレッジスイート)の導入を推進するだけでなく、お客様から得られた新しい機能拡張ニーズの発見と開発を繰り返し、中小中堅企業にジャストフィットするサービス開発を推進することで、累計5,300社以上のお客様に導入してまいりました。
Knowledge Suite(ナレッジスイート)の導入が急速に加速する中、そこで得られた新なニーズの発見は、Knowledge Suite(ナレッジスイート)の機能拡張にこだわることなく、当社が得意とする開発能力を生かし、新たなサービスの検討を進めていくことは、顧客満足度の向上そしてこれからの産業創出も当社の使命でもあると考えております。
すでに社員が主体となり、Knowledge Suite(ナレッジスイート)関連クラウドサービス他、いくつか新しいビジネスの芽が生まれております。枠にとらわれず、今ナレッジスイートが持つ多くの顧客ニーズをベースに、社員が自主的にイノベーションとクリエーティブを駆使し、またエンジニア100名を抱える当社は、一つの産業を生み出す為の取り組みとして、未来の日本の産業創出を積極的に取り組んでまいります。

 

■現在進行中プロジェクト例
1)大手プラットフォームを活用した新サービス
2)IoTプロダクト
3)データビジネス
※検証及び検討を進め、サービス化の目処が立ち次第随時リリースしていきます。

PAGE TOP