ニュース

NEWS

中堅・中小企業のテレワークによる営業活動を支援するクラウド型オンライン商談ツール『VCRM(ブイシーアールエム)』を提供開始~テレワーク活用の緊急支援策として2020年9月30日まで「無償提供」~

営業支援・業務支援クラウドコンピューティングカンパニーのナレッジスイート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 稲葉 雄一、東証マザーズ上場:証券コード3999)は、中堅・中小企業のテレワークによる営業活動を支援するクラウド型オンライン商談ツール『VCRM(ブイシーアールエム)』のテストマーケティングを実施し、60社の企業への導入を得て、正式に提供を開始することをお知らせいたします。これにより、企業は従来のメールや電話による営業活動に加え、より信頼度の高いコミュニケーションツールを用いたオンラインによる営業活動・テレワーク環境を実現いたします。

また、新型コロナウィルス感染症拡大を背景に営業活動の停滞を余儀なくされる中堅・中小企業のテレワーク活用緊急支援策として、2020年5月13日より『VCRM(ブイシーアールエム)』の無償提供※1を開始いたします。

当社は、中堅・中小企業におけるテレワークを積極的にサポート及び推進し、企業の働き方改革による一層の効率化・生産性向上を目指してまいります。

 

※1 2020年5月13日から2020年9月30日までの間、『VCRM(ブイシーアールエム)』基本サービス(初期費用および月額費用4ID分)を無償提供いたします。なお、基本サービスを超えるご利用企業様は、本無償提供の対象外とさせていただきます。

 

VCRMロゴ文字画像_20200512
VCRM画面画像_20200512

 

 

【サービス提供の背景】

メールやフォーム、チャットボットによる顧客対応が進む中、当社は対面による営業活動を重視しておりましたが、企業の個性豊かな営業社員の能力(脳力)はそのままに、より効率的な営業活動の支援をテクノロジーで実現すべくクラウド型オンライン商談ツールの研究を進めてまいりました。

今般では、感染の拡大が懸念される新型コロナウィルス対策のためにテレワーク導入が急速に進み、自宅などからWeb商談やWeb会議に参加する機会が急激に増加しています。ビフォアコロナより情報共有ツールのグループウェア、営業支援/顧客管理ツールのSFA/CRMをクラウドSaaS提供してきた当社にも、メールや電話による営業活動を補強する営業ツールとしてのオンライン商談システムについてお問い合わせが増えておりました。

 

【VCRM(ブイシーアールエム)の概要】

顧客とのWeb商談をかんたん操作で瞬時に接続できるクラウド型オンライン商談ツールです。シンプル簡単な機能構成とすることで導入コストや利用料金を低く設定し、価格優位性を実現。PCでの音声通話や画面共有、資料ダウンロード/ファイル送信等かんたんに使えるベーシックな機能を実装。商談録画や音声自動テキスト化などの機能により、営業報告や商談の振り返り、課題整理、商談モデルの蓄積/共有、営業トーク/プレゼン教育、新人同行などに利用することが可能となります。また、移動距離・時間を問わず、低コストで広範囲の顧客商談を実現することが可能になります。

 

■提供開始時期

2020年5月13日より提供開始

 

■サービス価格

・初期費用 98,000円

・月額費用 36,000円(4ID)~

・ID追加 9,000円(1IDあたり)

 

■VCRM(ブイシーアールエム)

https://ksj.co.jp/vcrm/
 

◆『VCRM(ブイシーアールエム)』とは?

『VCRM(ブイシーアールエム)』は、営業と顧客をWebで瞬時に簡単につなぐ営業特化型オンライン商談ツールです。

音声自動テキスト化機能や録画機能により、営業報告や営業教育、商談情報の共有にもご利用いただけます。

<5つのポイント>

  • アカウント取得やアプリインストールが不要!「瞬時に接続し、かんたんに商談開始」
  • 移動距離・移動時間ゼロで出張費用なし!「商談数を最大化し、生産性を大幅に向上」
  • メールや電話以上に伝わる!「より高品質・より効果的な商談と信頼度の高いコミュニケーションを提供」
  • シンプルでかんたん!「だから顧客サポートや採用面接、研修、社内会議にもすぐに利用できる」
  • あらゆる通信をSSLでデータ暗号化!「第三者がデータを閲覧、サーバーに侵入するリスクはありません」

PAGE TOP