ビーウィズ株式会社 ビーウィズ株式会社
ビーウィズ株式会社
約8,000人の従業員を擁し、デジタル技術を活用した、コンタクトセンターの運営やアウトソーシング事業を行うビーウィズ株式会社様。
全国の拠点や顧客先で勤務する従業員やアルバイトスタッフも多く、会社への帰属意識や企業理念の認知度の低さが課題だったそうです。
これらコミュニケーションの課題を改善したのが『InCircle』でした。
  • 導入目的

    • 従業員間における、均一でリアルタイムなコミュニケーションの実現。
    • 企業理念やトップのメッセージの伝達による、従業員の会社帰属意識の強化。

    課題

    • 人数が多く勤務する場所も異なる従業員へ、簡易に会社からのメッセージを伝えるコミュニケーション手段の確立。
    • 特に短期アルバイトスタッフなどに顕著であった、帰属意識の希薄さの解消。

    導入効果

    • コミュニケーションが活性化。お客様先に勤務する従業員や、外出中の従業員にもリアルタイムな情報伝達が可能に。
    • 経営理念や本社からのメッセージ、社内報など、会社が発信する情報が社内にくまなく届くようになり、帰属意識も向上。

    運用方法

    • 従業員のモバイル端末に『InCircle』をインストール。部門やPJTごとにトークルームを立ち上げ、日常の業務連絡手段として活用。
    • 社内報の発信や、会社からの伝達事項・注意喚起などの公式メッセージにも利用し、従業員の安全、安心にも役立てている。
  • ビーウィズ株式会社

  • お客様先で勤務する従業員にも確かな帰属意識を持ってほしい…
    たどり着いた解決法が『InCircle』

    『InCircle』のようなコミュニケーションツールを探し始めたきっかけを教えてください。
    大塚様 導入は2018年でしたが、当時、当社は2つの課題を抱えていました。
    まず、会社への帰属意識を強めたいという課題です。
    当社のビジネスはアウトソーシングサービスなので、お客様企業の現場に赴いて働いている従業員も多いんです。
    そうした従業員はお客様企業のことはよく知っていても、自分が所属しているビーウィズ株式会社のことをよく知らない…というケースもありました。
    また当社はアルバイトで勤務するスタッフさんもたくさんおりますが、正社員と比べてみるとどうしても自分の会社を知ることが難しい立場にあるのは仕方がないこともあります。
    当社としては、すべての従業員に当社のことはよく知っていてほしいし、経営側からも従業員に対して様々なメッセージを発信して一丸となりたいと考えていたので、これは積年の課題でした。
    もう1つあったのは、経営理念、行動理念の浸透という課題です。
    当社にも経営理念や行動理念、経営の基本方針などをが定めてあります。
    ところがそれを詳細に理解しているスタッフさんが少ない。
    せっかくの理念もスタッフさんが良く知らないというのでは意味がないですよね。
    こうした2つの課題を解決してほしいと、社長から私にオファーがあったんです。
    小宮様 当時は従業員数が増加しはじめた時期でもあり、拠点も全国にありますから、帰属意識の希薄さや理念の認知度の低さというのは私も感じていました。
    ただこれはアルバイトで勤務するスタッフさんが多い企業では永遠のテーマであって、簡単に改善させるのは難しいんじゃないかと、その時は思っていましたね。
    大塚様 そういうわけで2つの課題についていろいろ考えたのですが、とにかくこの課題は2つともコミュニケーションの難しさが原因で起こっているものです。 なので、コミュニケーションを改善するツールを探し始めました。
    それが最初のきっかけですね。
    最終的には『InCircle』を含む3つのアプリケーションが候補に残ったのですが、最終的に『InCircle』に決めました。

続きは、PDFでご覧ください。

導入事例はこちら
  • その時、『InCircle』の導入を判断した決め手は何でしたか?

    大塚様 まず簡便に使い始められることがありました。
    導入に当たって端末上での準備やインフラの準備に時間がかかるようなアプリケーションでは、そもそも誰も使ってくれないと思ったので。
    それから操作がしやすく、場所を選ばずすぐ使えるという点ですね。
    先ほど申し上げたように、当社の従業員はお客様の現場で働く者も多いんです。
    ビジネスの性質上、職場のセキュリティレベルが高いことは当たり前ですので、業務の現場では正式に支給された端末とアプリケーション以外は使用禁止です。
    そうなると、当社配給のアプリケーションが使える場所・時間というのは限られてくるわけで、そんな状況下でもスムーズに情報交換できるアプリケーションを…ということで操作性を重視しました。
    また毎日使うものですから、高機能で操作が複雑なものより、シンプルで操作しやすいものの方がいいだろう、という考えもありましたね。
  • 社名 ビーウィズ株式会社
    事業内容 自社開発のクラウド型PBX「Omnia LINK」等のデジタル技術を活用したコンタクトセンター・BPOサービスの提供、及び各種AI・DXソリューションの開発・販売
    設立 2000年5月12日
    従業員数 8,091名(2021年11月30日現在)※正社員・契約社員・アルバイト社員を含む
    URL https://www.bewith.net/

ビーウィズ株式会社

最新の導入事例