03-5405-8111受付時間 9:00~18:00(土日休日を除く)

営業支援・業務支援クラウドコンピューティングカンパニーのナレッジスイート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 稲葉 雄一、東証マザーズ上場:証券コード 3999)は、経済産業省が実施する「IT導入補助金2020」において、今般補助金対象のITツールとして採択されたクラウド型SFA/CRM、名刺管理、グループウェア統合ビジネスアプリケーション『Knowledge Suite(ナレッジスイート)』、クラウド型オンライン商談ツール『VCRM(ブイシーアールエム)』、及びプログラミング不要の業務管理アプリケーション開発プラットフォーム『Shelter(シェルター)』が、通常枠A類型に続きIT導入補助金の特別枠(以下、「C類型」)対象のITツールとして認定されましたことをお知らせいたします。

このIT導入補助金「C類型」は、新型コロナウィルス感染症が事業環境に与える特徴的な影響を乗り超えるために前向きな投資を行う事業者向けに、「通常枠」よりも補助率を引き上げた「特別枠」を設け、非対面型ビジネスモデルへの転換、テレワーク環境の整備等に取り組む事業者によるIT導入等を優先的に支援するために創設されたものです。

この度IT導入補助金「C類型」の対象ツールに認定されたことで、中堅・中小企業のさらなるデジタル化への投資を促進し、新しい働き方改革の実現、業務効率化・売上アップの支援および業務自動化といったデジタルトランスフォーメーション(DX)をより一層推進してまいります。

 

NewsThumbnail

 

■IT導入補助金 特別枠「C類型」について

令和2年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)「C類型」は、昨今の新型コロナウィルス感染症が事業環境に与えた影響への対策及び同感染症の拡大防止に向け、具体的な対策(サプライチェーンの毀損への対応、非対面型ビジネスモデルへの転換、テレワーク環境の整備等)に取り組む事業者によるIT導入等を優先的に支援するために創設されたものです。

https://www.it-hojo.jp/tokubetsuwaku/

 

■IT導入補助金 特別枠「C類型」申込のご案内

・補助金対象者:日本国内に本社及び実施場所を有する中小企業・小規模事業者等

・補助対象経費区分:ソフトウェア費、導入関連費、ハードウェアレンタル費

・補助金の上限額・下限額・補助率:上限額450万円以内 下限額30万円 補助率 3/4以内

・4次公募交付申請期間:2020年7月10日(金)17時まで(予定)

・公募要領:https://www.it-hojo.jp/procedure/

 

■『Knowledge Suite(ナレッジスイート)』とは?

『Knowledge Suite(ナレッジスイート)』は、グループウェアはじめ、営業支援SFA/顧客管理CRMがオールインワンになった純国産クラウド型統合ビジネスアプリケーションです。初期費用無料、ユーザー数無制限でご利用いただけます。

https://ksj.co.jp/knowledgesuite/

※お問合せ先:https://ksj.co.jp/archives/10017

 

■『VCRMブイシーアールエム)』とは?

ブイシーアールエムは、距離を問わずお客様と営業マンをWEBでつなぎ、高度な商談を可能にするオンライン商談ツールです。画面を通じて資料を共有したり、リアルタイムでウェブサイトやアプリケーションのデモンストレーションの実施が可能となります。お客様側に会員登録やインストールの手間がなくすぐにお使いいただけます。

https://ksj.co.jp/vcrm/

※お問合せ先:https://ksj.co.jp/archives/10012

 

■『Shelter(シェルター)』とは?

シェルターは、業務の遂行とともに属人化し会社内に点在していく様々な業務データを統合管理し、業務の効率化を実現する業務管理アプリケーション開発プラットフォームです。数百種類のテンプレートを活用することで、特別なITの技術を必要とせずに自社の業務に合わせた業務管理アプリケーションを手間なく簡単に作成することが可能となります。

https://ksj.co.jp/shelter/

※お問合せ先:https://ksj.co.jp/archives/10100


 


Shelterの機能、特長についてはこちら

 

*1 C類型-2の場合です。2年目以降はITツールに掛かる費用が発生いたします。
詳しくは営業担当マンにご確認ください。
 

prodigy
 

IT補助金制度について

①どんな補助金なの?

中小企業・小規模事業者等がITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、

中小企業・小規模事業者等の生産性の向上を図ることを目的としたIT導入補助金です。

IT導入補助金Webサイト:https://www.it-hojo.jp

IT導入補助金Webサイト 補助金とは:https://www.it-hojo.jp/about-subsidy-system/

交付規程: https://www.it-hojo.jp/r01/doc/pdf/r1_application_rules.pdf

 

 

②補助対象費目

IT導入支援事業者があらかじめ事務局の承認を受け、事務局のHPに補助対象サービスとして公開されたITツール(ソフトウエア、サービス等)が対象となります。そのITツールにShelterが選ばれました。

 

③補助金の上限額・下限額・補助率
A類型 30万円~150万円未満
補助率  1/2以下

C類型-2 30万円~450万円未満
補助率  3/4以内

④補助金の申請期間
A類型
【5次締切】
2020年7月10日(金)予定

6次締切以降は未定

C類型-2
【4次締切】
2020年7月10日(金)予定

5次締切以降は未定


prodigy

営業支援・業務支援クラウドコンピューティングカンパニーのナレッジスイート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 稲葉 雄一、東証マザーズ上場:証券コード 3999)は、経済産業省の実施する「IT 導入補助金 2020」において、当社が提供するプログラミング不要の業務管理アプリケーション開発プラットフォー ム『Shelter(シェルター)』が補助金対象の IT ツールとして採択されましたことをお知らせいたします。

今般、IT を活用した「働き方改革」が注目されてきましたが、新型コロナウイルスの感染症拡大に伴い、企業は在宅勤務をはじめとするテレワーク体制を急速に整備する必要が求められ、今後は働き方を変えざるを得 ない状況に対応し、生産性向上につなげて事業継続することができる企業と、そうでない企業との格差がより一層広がることが予測されます。

この度 IT 補助金制度対象ツールに選定されたことで、中堅・中小企業のさらなるデジタル化への投資を促進し、新しい働き方改革の実現、業務効率化・売上アップの支援および業務自動化といったデジタルトランス フォーメーション(DX)をより一層推進してまいります。

 

■IT導入補助金について

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図っていただくことを目的としています。

https://www.it-hojo.jp/overview/

 

■「Shelter(シェルター)」に関する IT 導入補助金申込のご案内

・補助金対象者:日本国内に本社及び実施場所を有する中小企業・小規模事業者等

・補助金の上限額 ・下限額 ・補助率:

 A類型  上限額150万円未満 下限額30万円 補助率1/2以下

 C類型-2  上限額450万円以内 下限額30万円 補助率 3/4以内

・交付申請期間

 A類型    5次公募交付申請期間:2020年7月10日(金)17時まで(予定)

 C類型-2  4次公募交付申請期間:2020年7月10日(金)17時まで(予定)

・公募要領:https://www.it-hojo.jp/procedure/

・お問合せ先:https://ksj.co.jp/archives/10100

 

『Shelter(シェルター)』とは?

シェルターは、業務の遂行とともに属人化し会社内に点在していく様々な業務データを統合管理し、業務の効 率化を実現する業務管理アプリケーション開発プラットフォームです。数百種類のテンプレートを活用するこ とで、特別な IT の技術を必要とせずに自社の業務に合わせた業務管理アプリケーションを手間なく簡単に作成 することが可能となります。

https://ksj.co.jp/shelter/

 

<3つの特徴>

●「簡単に作れて、すぐ使える」 プログラミングなし!最低4クリックでアプリを作成

●「自由にカスタマイズ」 業務の変化に柔軟に対応!またAPI連携やJavaScriptでのデータ処理なども可能

●「ユーザー数、アプリ数無制限」 ID課金からの解放!

 

◆『Knowledge Suite(ナレッジスイート)』とは?
『Knowledge Suite (ナレッジスイート)』は、グループウェアをはじめ、営業支援SFA/顧客管理CRMがオールインワンになった純国産クラウド型統合ビジネスアプリケーションです。初期費用無料、ユーザー数無制限でご利用いただけます。

<3つの特徴>
●ID課金からの解放!「ユーザー数無制限」

●ビジネスに必要なアプリケーションが「オールインワン」

●スマートフォン、タブレットでも使える!「マルチデバイス対応」

<3つの安心>
●必要機能から運用開始が可能な「減らすカスタマイズ」

●組織・権限による「見せる・見せない情報」を制御

●安心・安全なクラウド環境
強固な設備、24時間監視の国内データセンター/ISO27001を考慮したSaaS設計/金融機関並みのセキュリティ対応

 

 



 


VCRMの機能、特長についてはこちら


*1  C類型-2の場合です。2年目以降はITツールに掛かる費用が発生いたします。
詳しくはVCRMの料金をご確認ください。


 
prodigy

 
 

IT補助金制度について

 
①どんな補助金なの?

①どんな補助金なの?

中小企業・小規模事業者等がITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、

中小企業・小規模事業者等の生産性の向上を図ることを目的としたIT導入補助金です。

IT導入補助金Webサイト:https://www.it-hojo.jp

IT導入補助金Webサイト 補助金とは:https://www.it-hojo.jp/about-subsidy-system/

交付規程: https://www.it-hojo.jp/r01/doc/pdf/r1_application_rules.pdf

 

 

②補助対象費目

IT導入支援事業者があらかじめ事務局の承認を受け、事務局のHPに補助対象サービスとして公開されたITツール(ソフトウエア、サービス等)が対象となります。そのITツールにVCRMが選ばれました。

 

③補助金の上限額・下限額・補助率

A類型 30万円~150万円未満
補助率  1/2以下
 
C類型-2 30万円~450万円未満
補助率  3/4以内
 

④補助金の申請期間
A類型
【4次締切】
2020年6月26日(金)予定
 
【5次締切】
2020年7月10日(金)予定
 
6次締切以降は未定
 
 
C類型-2
【3次締切】
2020年6月26日(金)予定
 
【4次締切】
2020年7月10日(金)予定
5次締切以降は未定
 
 


prodigy

営業支援・業務支援クラウドコンピューティングカンパニーのナレッジスイート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 稲葉 雄一、東証マザーズ上場:証券コード 3999)は、経済産業省の実施する「IT導入補助金2020」において、当社が提供するクラウド型オンライン商談ツール『VCRM(ブイシーアールエム)』が補助金対象の ITツールとして採択されましたことをお知らせいたします。

今般、ITを活用した「働き方改革」が注目されてきましたが、新型コロナウイルスの感染症拡大に伴い、企業は在宅勤務をはじめとするテレワーク体制を急速に整備する必要が求められ、今後は働き方を変えざるを得ない状況に対応し、生産性向上につなげて事業継続することができる企業と、そうでない企業との格差がより一層広がることが予測されます。こうした状況を背景に、当社が2020年5月より提供を開始した『VCRM(ブイシーアールエム)』は、中堅・中小企業のウィズコロナにおける事業継続の支援をしてまいりました。

この度IT補助金制度対象ツールに選定されたことで、中堅・中小企業のさらなるデジタル化への投資を促進し、新しい働き方改革の実現、業務効率化・売上アップの支援および業務自動化といったデジタルトランスフォーメーション(DX)をより一層推進してまいります。

 

■IT導入補助金について

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図っていただくことを目的としています。

https://www.it-hojo.jp/overview/

 

■「VCRM(ブイシーアールエム)」に関する IT 導入補助金申込のご案内

・補助金対象者 : 日本国内に本社及び実施場所を有する中小企業・小規模事業者等

・補助金の上限額 ・下限額 ・補助率 :

A類型   上限額150万円未満 下限額30万円 補助率1/2以下

C類型-2  上限額450万円未満 下限額30万円 補助率 3/4以内

・4次公募交付申請期間 : 2020 年 6 月 26 日(金)17時まで(予定)

・5次公募交付申請期間 : 2020 年 7 月 10 日(金)17時まで(予定)

・公募要領: https://www.it-hojo.jp/procedure/

・お問合せ先: https://ksj.co.jp/archives/10012

 

『VCRM(ブイシーアールエム)』とは?

ブイシーアールエムは、距離を問わずお客様と営業マンをWEBでつなぎ、高度な商談を可能にするオンライン商談ツールです。画面を通じて資料を共有したり、リアルタイムでウェブサイトやアプリケーションのデモンストレーションの実施が可能となります。お客様側に会員登録やインストールの手間がなくすぐにお使いいただけます。

https://ksj.co.jp/vcrm/

 

<3つの特徴>

①移動時間・訪問コストを削減!商談数を最大化し、生産性を大幅に向上!

②お客様はインストールなく簡単接続!瞬時に接続し、かんたんに商談開始!

③資料共有や画面共有で的確なプレゼンテーションが可能!

<3つの安心>

●メールや電話以上に伝わる!「より高品質・より効果的な商談と信頼度の高いコミュニケーションを提供」

●シンプルでかんたん!「だから顧客サポートや採用面接、研修、社内会議にもすぐに利用できる」

●あらゆる通信をSSLでデータ暗号化!「第三者がデータを閲覧、サーバーに侵入するリスクはありません」

 

◆『Knowledge Suite(ナレッジスイート)』とは?
『Knowledge Suite (ナレッジスイート)』は、グループウェアをはじめ、営業支援SFA/顧客管理CRMがオールインワンになった純国産クラウド型統合ビジネスアプリケーションです。初期費用無料、ユーザー数無制限でご利用いただけます。
<3つの特徴>
●ID課金からの解放!「ユーザー数無制限」

●ビジネスに必要なアプリケーションが「オールインワン」

●スマートフォン、タブレットでも使える!「マルチデバイス対応」

<3つの安心>
●必要機能から運用開始が可能な「減らすカスタマイズ」

●組織・権限による「見せる・見せない情報」を制御

●安心・安全なクラウド環境
強固な設備、24時間監視の国内データセンター/ISO27001を考慮したSaaS設計/金融機関並みのセキュリティ対応

 

 

SFA、CRM、名刺管理、グループウェアがオールインワンになった

SFAスタンダード(5万円プラン)なら



 


Knowledge Suiteの機能、特長についてはこちら

 
 


*1 初期設定代行、管理者研修など導入定着に必要な作業を弊社導入コンサルタントが対応します。
作業内容と金額は、導入企業様によって異なります。
*2  C類型-2の場合です。2年目以降はITツールに掛かる費用が発生いたします。
詳しくはサービス価格体系をご確認ください。
https://ksj.co.jp/knowledgesuite/service/price.html

 
prodigy
 

※次ページにて利用規約にご同意頂くことで無料でテストトライアルすることができます。
是非、お試しください。

 
 

IT補助金制度について

 
①どんな補助金なの?

中小企業・小規模事業者等がITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、中小企業・小規模事業者等の生産性の向上を図ることを目的としたIT導入補助金です。

IT導入補助金Webサイト:https://www.it-hojo.jp

IT導入補助金Webサイト 補助金とは:https://www.it-hojo.jp/about-subsidy-system

交付規程: https://www.it-hojo.jp/r01/doc/pdf/r1_application_rules.pdf

 

②補助対象費目

IT導入支援事業者があらかじめ事務局の承認を受け、事務局のHPに補助対象サービスとして公開されたITツール(ソフトウエア、サービス等)が対象となります。
そのITツールにKnowledge Suiteが選ばれました。

 

③補助金の上限額・下限額・補助率

A類型 30万円~150万円未満
補助率  1/2以下
 
C類型-2 30万円~450万円未満
補助率  3/4以内

 

④補助金の申請期間

A類型
【4次締切】
2020年6月26日(金)予定
 
【5次締切】
2020年7月10日(金)予定
 
6次締切以降は未定
 
 
C類型-2
【3次締切】
2020年6月26日(金)予定
 
【4次締切】
2020年7月10日(金)予定
 
5次締切以降は未定
 
 


prodigy
 

※次ページにて利用規約にご同意頂くことで無料でテストトライアルすることができます。
是非、お試しください。