03-5405-8111受付時間 9:00~18:00(土日休日を除く)

~3STEPでサクッとわかる~

テレワーク最大の障壁? 印鑑問題は「ワークフロー」で排除する

2020年春のコロナ禍以降、世界で最も注目されたビジネスキーワードはやはり「テレワーク」でしょう。オフィスへの出勤や、人と人との接触を極力減らすことが求められる社会情勢の中で、多くの企業がテレワークを取り入れました。

一方でテレワークを実施することに何らかの事情があり、導入したくともできない企業も数多くあります。事情はそれぞれですが、業務内容の特性によるものであったり、業界全体が持つ慣習によるものかもしれません。

中でも本稿で取り上げるテレワークの障壁は「印鑑問題」です。コロナ禍の中でも社会問題として取り上げた、日本固有のアナログ文化です。

印鑑問題による業務のアナログ化はどのように回避すればよいのか、どなたにも分かりやすく3STEPでご説明します。

 

【概要紹介】
STEP1『「印鑑問題」とは何なのか?』
コロナ禍の中で取りざたされた「印鑑問題」とはどのような問題なのかを、改めて解説していきます。
問題のルーツは明治時代にあった…!?

 

STEP2『印鑑を不要にする「ワークフローシステム」』
ビジネスアプリケーションのシーンでは、すでに1大ジャンルとして確率されている「ワークフローシステム」。
印鑑問題解決の切り札となるこのシステムを詳しくご紹介します。

 

STEP3『ワークフローなら『Knowledge Suite』がオススメ』
ワークフローシステムの導入をお考えなら、ぜひ『Knowledge Suite』のご検討を。全国約5,900の企業様にお使いいただいている、その人気の秘密をお教えします。

 
内容に少しでも気になるところがある方は、ぜひお気軽に下のダウンロードボタンをクリックしてください。
無料にてPDF形式のホワイトペーパーをお読みいただけます。

 

~お知らせ~
純国産クラウド型総合ビジネスアプリケーション
『Knowledge Suite』
●誰でもわかるカンタン操作!
●オールインワン!
●ユーザー数無制限!
●マルチデバイス対応!

 

シンプルで使いやすいグループウェアを含む総合ビジネスアプリケーションの決定版!
何名様でご利用いただいても定額の料金で安心・便利。
直感的に理解できるインターフェースで、PCに不慣れな方でも簡単に使いこなせる上、スマートフォンでも快適に利用でき人や環境を選びません。
業種・業態を問わず、様々なニーズに対応する機能が満載です。
日本の企業をあらゆる角度から応援する『Knowledge Suite』の導入をぜひご検討ください。