03-5405-8111受付時間 9:00~18:00(土日休日を除く)

~3STEPでサクッとわかる~

生産性向上に効果あり! 企業成長戦略としての「テレワーク」

2019.07.22

KnowledgeSuite

今、労働人口が年々減少し、日本中の企業が人手不足に苦慮しています。
就業者が職場から離れざるをえない状況を少しでも減らし、みんなが安心して働ける環境を形作るため、「働き方改革」…つまり就業者一人ひとりの希望や生活に合わせた多様な働き方ができる社会の実現が求められています。
そんななか注目を集めているのが、オフィスの自席にいなくても遠隔地から業務を遂行できる「テレワーク」の仕組みです。
「テレワーク」は就業者個人の状況に寄り添う働き方で、通勤や移動が困難な就業者にも活躍の場を与える、まさに「働き方改革」の切り札であると目されています。
しかし「テレワーク」の導入には「人材の流出を防ぐ」という受動的なメリットの他に、もっと能動的な、攻撃的なメリットがあることをご存知でしょうか? それは「生産性の向上」です。
高齢化や嗜好の多様化による売り上げ減少の危機に立ち向かう方法は、生産性向上しかありません。
本稿では「テレワーク」が生産性向上にいかに寄与するのかを探っていきます。

 

【概要紹介】
STEP1『テレワークで生産性向上は可能か?』
もらったまま放置していて業務に活かせていない…。必要なときにどこにあるかわからず、名刺ホルダーを大捜索…。あなたの名刺は、こんな状態になってはいませんか? 名刺が持つ真のパワーを引き出すのが「名刺のデジタル化」です。紙の名刺をデジタル化するとはいったいどういうことなのか? その基本的な手順と仕組みをご紹介します。

 

STEP2『テレワークで生産性が向上する理由』
実際に「テレワーク」の導入で企業の生産性が向上するとして、それはなぜなのか? ここでは「テレワーク」の持つ特性と、それに伴う生産性向上の仕組みをご紹介します。仕組みが分かれば、理由も分かる…。あなたの「テレワーク」の理解が一歩前進するはずです

 

STEP3『生産性が向上するテレワーク運用とは』
ただ始めればいいというわけではない「テレワーク」。実際に導入するに当たっての注意点や、より効果的に生産性が向上する運用の仕方をご紹介していきます。まだ「テレワーク」のことがよく分からない、導入を考えているがどうすれば分からない、という方々へのヒントになれば幸いです。

 

内容に少しでも気になるところがある方は、ぜひお気軽に下のダウンロードボタンをクリックしてください。
無料にてPDF形式のホワイトペーパーをお読みいただけます。