働き方改革って
何をすればいいの?

働き方改革が叫ばれる昨今、各企業はその対応を急いでいます。
「働き方改革」とは、「一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジ」(首相官邸HP)。人々の生活や志向が多様化した今、企業はあらゆる人材が活躍できる働き方の提案・実現が求められています。

働き方改革は、時代が求めた「人と企業との関係性の変化」と言えますが、一方で企業の生き残りを懸けた「戦略」でもあります。現代日本企業が抱える最大の問題は「人手不足」。日本の人口は今後最低でも数十年間は減少の一途をたどり、それに比例して就業人口も減少します。企業のマンパワーが弱体化していくことは火を見るよりも明らかなのです。
企業は様々な生活環境にある人々、様々な考え方を持つ人々が安心して働ける職場を実現して、充分な人手を確保する努力をしなければならない一方で、生産性の向上にも目を向けなければなりません。人手が減る以上、1人1人の生産性を向上しなければ企業は収益面・成長面で大きな危機を迎えることになってしまいます。
職場環境の改善と生産性の向上は、今後あらゆる日本企業にとって無視できない課題となるでしょう。素早く、確実な対応が求められています。

TEL:03-5405-8111

受付時間:9:00 ~ 18:00(土日休日を除く)