『入社の決め手は、社長と社風。やりがいは、お客様の成功。』

まず、入社の決意を固めるにあたって、決め手になったのはどういったところでしたか?

加藤

入社の決め手は、一言で“社長”でした。初めて壇上で話す姿を見た時、そのプレゼンテーションが素晴らしく魅力的で、まるで映画のワンシーンを見ているかのような感覚でした。その時は、今よりも会社や事業への理解は乏しかったのですが、それでも心がワクワクするような感覚を覚えました。

吉田

私にとっては、『この会社には自分の中身や長所を見てくれる方がいる』と感じられたことが大きかったですね。面接の時に社員の方と会話をする機会があり、初対面である私の性格や長所など様々な内面を引き出し褒めてくれました。緊張していた私にとってすごく嬉しかったのを覚えています。その時、『入社後もこうして自分の働きや普段の姿を見てくれる会社なんだ』と思えたことが入社を決意する決め手となりましたね。その上で、やはり成長性のあるプロダクトに関わることができるということも魅力の一つでした。

入社をしてみて、実際の社内の雰囲気や様子はどのように感じていますか?

加藤

人と人との距離が近いところには、最初少し驚きましたね。例えば、会社というと社内で役職が高い方に対して、『◯◯社長』『◯◯部長』と呼ぶことが多いイメージがありました。それに対し、当社で社長をはじめ、役員の方にも『◯◯さん』と呼んでいます。想像していたよりも距離が近く、先輩からも日々様々なことを吸収できています。

吉田

私も、その点はとても過ごしやすい距離感だと感じていますね。その上、風通しが良い環境で、オン・オフをきちんと切り替えることができる社員がたくさんいます。

普段の仕事現場では、どのような場面でやりがいを感じますか?

加藤

シンプルに、お客様のお役に立てている感覚を覚えた瞬間ですね。ありがたいことに、多くのお客様に当社のシステムをご利用いただいているのですが、その会社様ごとに抱える課題は様々です。それぞれの課題に対して解決案を示した際に、お客様が喜んでくださったり成功するイメージを持って頂けたりする瞬間はとても嬉しい。

吉田

わかります。課題を伺い、それに応じて当社の持つ選択肢の中からその会社様に合う提案ができた時、相手の顔や言葉から納得感が伝わってきます。
ご納得、ご理解いただくまでに時間を要する場合もありますが、私はそういった場面ほど「いかにして伝えるべきか」と試行錯誤する過程を楽しんでいます。そういった場面でお会いする方ほど、お付き合いが長くなっていくということもあります。

加藤

ご提案する中でお客様の表情や声色が変わる瞬間、結構ありますよね。普段からお客様目線で行動していると、すべての工程に対してやりがいを感じられますが、その中でも吉田さんが話してくれたような場面は一層やりがいを感じ、嬉しいです。

今後に向けた目標について伺ってもよろしいですか?

吉田

私は、中身や外見を磨いて、目の前の方に与える第一印象をより良いものにしていきたい。そして、先輩方のように、相手がどなたであろうと堂々と向き合い、自分なりの提案ができる一人前になるために努力していきます。
今後、自分の立つステージが上がるにつれて多くの壁に直面すると思いますが、1つ1つ乗り越えて力にしていきます。
そして、今後入社する後輩から、『こんな先輩になりたい』と思って貰えるような先輩になりたいと思っています。

加藤

まずは、「フレッシュな力で会社のために精一杯力を尽くそう。自分がやれることをやっていこう。」と思っています。今後部署が変わったとしても、その時にできることをやり尽くそうという気持ちですね。

PAGE TOP