ナレッジレポート

~3STEPでサクッとわかる~

コンビニ決済問題でも話題に… 説明できますか? 「2要素認証」の意味と重要度

2019.09.09

ROBOT ID

2019年、大手コンビニチェーンのQRコード決裁システムを巡る報道の中で、「2要素認証」「2段階認証」という言葉が注目されました。
同チェーン代表者は記者会見において「2段階認証」という言葉の意味を知らなかったのではないかと憶測され、糾弾されることにもなりました。
多くの人にとって、この件で初めて耳にすることになったであろう「2要素認証」「2段階認証」という言葉はデジタルセキュリティ技術の分野で近年脚光を浴びる概念であり、実は我々の生活と無関係ではありません。
今後、日常会話の中でも使われる可能性が高いこれらの言葉の意味を今のうちにしっかり知っておけば、コンビニチェーン代表の二の舞になることもありません…?
日常生活からもビジネスからも、切っても切れない関係にある「2要素認証」について、本稿ではどなたにも分かりやすくサクッとご説明していきます。

 

【概要紹介】
STEP1『あなたはすでに知っている…「2要素認証」とは何なのか?』
最初にご紹介するのは「2要素認証」という言葉の意味についてです。話題の「2段階認証」との違いについても、実例を交えながらご紹介していきます。

 

STEP2『これが基本!3種類の認証要素』
「2要素認証」という言葉に含まれる「要素」について、3つの例を挙げていきます。「2要素認証」の理解をもう少しだけ深めていきましょう。

 

STEP3『なぜ「2要素認証」が大事なのか』
ではなぜ「2要素認証」が近年取りざたされるのか、その重要度についてご説明します。最新セキュリティ理論の基本が分かる章です。

 

内容に少しでも気になるところがある方は、ぜひお気軽に下のダウンロードボタンをクリックしてください。無料にてPDF形式のホワイトペーパーをお読みいただけます。