~5分で読める!無料テキストセミナー~

見える化・可視化の違いとは?タスク管理や案件管理に必須の豆知識

2022.05.18

Shelter

ビジネスシーンにおいて、「業務の⾒える化・可視化」という⾔葉を⼀度は聞いたことがあるのではないでしょうか。 どちらも業務を円滑に進めるための⼯夫であり、タスク管理や案件管理など、たくさんの情報が複雑に絡みあうような状況をビジュアル化し、分かりやすく認識できるようにする効果があります。

「⾒える化・可視化」はどちらも古くから使われてきた⾔葉である⼀⽅で、両⽅の定義や違いを正しく説明できる⼈は意外と少ないものです。 そこで、ビジネスにおける「⾒える化・可視化」というキーワードに着⽬して、メリットや進める上での注意点を解説します。

 

【概要紹介】
■⾒える化・可視化の違いとは?
⾒える化・可視化は同じようで違う意味を持つ言葉です。それぞれどのような違いがあるのか実例を用いて解説します。

 

■⾒える化・可視化のメリット
⾒える化・可視化は、ビジネスにおいてどのようなメリットがあるのか3つご紹介します。

 

■⾒える化・可視化の注意点
⾒える化・可視化には様々なメリットがありますが、だからといって闇雲に促進すれば良いわけでもありません。⾒える化・可視化を進めていく上で注意するべき点をご紹介します。
 

■⾒える化・可視化の⽅法
⾒える化・可視化はどのように⾏えばよいのでしょうか。3つのカンタンな⽅法をご紹介します。
 

~お知らせ~
ノンプログラミングで業務アプリケーション開発プラットフォーム
『Shelter』
◆プログラム知識不要!誰でも・今すぐ業務アプリケーションを作成できる!
◆顧客管理/案件管理/日報管理などなど…あらゆる業務を自由にアプリケーション化!
◆クラウドによる情報の共有・可視化で業務効率アップ!
◆メッセージ通知や変更履歴保存、アクセス制御など、運用に役立つ便利機能もいっぱい!
◆月額15,000円で何人でも利用可能!
◆プロが作ったアプリを選ぶだけの『Shelter即効アプリシリーズ』なら導入もスピーディ!

 

貴社でご利用のアプリケーションに、不要・不便・不満はありませんか…?
業務効率の新しい改善方法…それは「アプリケーションの自作」です。
『Shelter』を使えばプログラムの知識の有無にかかわらず、どなたにもごく簡単に、自社に必要なアプリケーションを作成することができます。
自社にぴったりフィットする自社製アプリケーションなら、使いやすいのは当たり前!
楽しく便利に、自社用アプリケーションをご自身の手で作ってみませんか!?
自作の手間を省きたい企業様には、既成アプリご提供の『Shelter即効アプリシリーズ』も!

 

『Shelter』サービスサイト
https://ksj.co.jp/shelter/
『Shelter即効アプリシリーズ』サービスサイト
https://ksj.co.jp/shelter/pack/
製品情報&ゆる~いつぶやき『Shelter』公式ツイッター運用中!
@Shelter_KSJ