知れば変われる!
仕事ができる人の特徴って?

あなたの身近にも「職場で輝いている人」がいるのではないでしょうか。何でもテキパキとこなし、自分の主義主張を明確に持っていて、周囲からの信頼も厚い…いわゆる「仕事ができる人」です。「いったいあの人と自分との違いは何なんだろう…」「仕事ができる人になりたい…」と考えたことがあるかもしれません。

イメージ

本稿では、いわゆる「できる人」の特徴を、習慣と業務のカテゴリに分けてご紹介していきます。
自分改革に取り組みたい方はぜひこれらを参考に、ノウハウを盗んでみてみてください。
実は仕事ができる人、できない人の差はそんなに大きいものではありません。
ちょっとだけ行動や意識を変えてみることで、あなたの評価もグッと上げることができるのです。

まずは習慣から…仕事ができる人のオフィスライフ

仕事ができる人は、何も自身が担当する業務を完璧にこなしているからというだけで評価が高いわけではありません。むしろ机の上の業務以外のワークスタイルにこそ、できる人ならではの秘訣が隠れていることが往々にあるのです。ここでは、仕事ができる人にだけ見られる職場内でのちょっとした習慣をご紹介します。

身だしなみに気を配る

シンプルに考えて、いつも髪はボサボサ、目はうつろ…だらしない服装でオフィスをウロウロしている人が、周囲から高い評価を得ることはなかなか難しいでしょう。
仕事ができる人は、周囲が何を考えているかそして周囲からどう見られているかを常に考えています。
身だしなみを整えることは自身の評価を高めることであり、また周囲に対するエチケットであると考え、どんな時も怠らないようにしましょう。
また身だしなみを整えることで気持ちが引き締まり、仕事のパフォーマンスが上がるという研究結果もあります。

あいさつをしっかりと

仕事ができる人は他人とのコミュニケーションが上手な人でもあります。
しかし「自分はコミュニケーションが苦手で、他人との会話もはずまない…」という人も多いのではないでしょうか。
そんな人はまず、あいさつだけでも大きな声で、きちんと相手の目を見てするようにしましょう。
仕事ができる人は、あいさつが単純でありながら非常に高い効果を持つコミュニケーションツールであることを知っているため、決してないがしろにしません。
どんなコミュニケーションも商談も、あいさつから始まります。流暢な会話ができなくても、あいさつが完璧にできていればあなたの評価は必ずや向上していくでしょう。

プライベートとのオン/オフを明確に

仕事ができる人ほどプライベートが充実していて、それを仕事に反映させています。
プライベートでは仕事を忘れ、体をしっかりと休めたり、体を動かしてストレスを解消したり、新しい情報をインプットすることに集中しましょう。
こうしたリフレッシュが結果として仕事のパフォーマンスを上げることになるのです。
プライベートに仕事を持ち込むことは、そのどちらのクオリティも下げることになります。

これがスマートな仕事ぶり…仕事ができる人の業務処理

仕事ができる人…と言えば、やはり机の上の仕事をスマートにこなしていく姿を想像する人が多いのではないでしょうか。
仕事ができる人はなぜ業務をスムーズに、ミスなくこなすことができるのでしょうか?
つづいては「業務処理」にスポットを当てて、仕事ができる人の特徴を観察していきましょう。

計画的な行動

行き当たりばったりでは決して良い結果は生まれません。
仕事ができる人は自分やチームの行動に優先順位を付け、計画に基づいて動かします。
そうすることによって「今、何に向かって何をするべきか」を明確にして時間のムダ使いを避けたり、集中力を上げたり、展望を明らかにすることができます。
また、発生しうるアクシデントや遅延もある程度事前に予測し、備えることもできるわけです。
事前に計画を立てることを面倒だと感じる人もいるかもしれませんが、実は計画を立てることこそムダな時間を省き、物事を最短距離で進める最も有効な手段であることを覚えておきましょう。

素早い決断

仕事ができる人に見られる「テキパキ感」は、物事を素早く決断して業務を次々と回転させてゆく様子から発せられるケースが多いようです。
組織の運営においても自分自身の仕事においても、判断に時間をかけることは致命傷になりかねません。
A地区とB地区、どちらに営業をかけるか…と悩んでいる間に競合他社に根こそぎ持っていかれてしまった…などという事案は、どの組織にも1度はあるのではないでしょうか。
ビジネスでは、「正しい判断」よりも「素早い判断」の方に価値がある瞬間も多々あります。
何事もまず「判断軸」を明確に設定し、それに基づいて取捨選択することが決断を素早くするコツです。

常に効率と改善を意識

仕事ができる人は、頭の中で常にPDCAサイクルを回しています。
「前回こうしてみたが、その結果を踏まえて今回はこうしてみたらどうだろう…」などと、どうすればもっと質の良い仕事をもっと効率的にできるのかを考えているのです。
効率を上げることは、処理できる業務の絶対量を増やすことや、ゆとりの時間を作って自己を成長させることにもつながり、これらが評価の向上に直結することは言うまでもありません。
終わった仕事は忘れてしまうのではなく、つぶさに記録し、振り返って、どんな小さなことでも次に活かすように心がけましょう。

上を目指す人のためのツール『Shelter(シェルター)』

最後にご紹介するのは、仕事ができる人になりたい…または組織のみんなを仕事ができる人にしたい…という方のためのビジネスサポートツール『Shelter(シェルター)』です。
本稿の後半では、業務処理における仕事ができる人の特徴をご紹介してきましたが、いきなりすべてを完璧に実践するのは難しいことでしょう。
そこでおすすめしたいのが、PCアプリケーションの活用です。
私たちナレッジスイート株式会社が提供する『Shelter』なら、プログラム不要で誰でも簡単に自社の業務をクラウドアプリケーション化することができます。
すでに出来上がった複数のクラウドアプリケーションがワンセットですぐ使える、即効アプリサービスも提供中です。

様々なタスクや業務をクラウド化し、見える化する『Shelter』だから、本稿でご紹介したような「計画の作成」「決定の高速化」「効率化」が楽に、スムーズにできるようになります。
しかも何人で使っても月額料金は固定。
『Shelter』導入によって、みんなで「仕事ができる人」を目指してみませんか?

まとめ
本稿では「仕事ができる人」をテーマに、できる人が持つ特徴や実践している心がけを紹介してきました。オフィスでは「身だしなみ」「あいさつ」「オン/オフ」を意識し、業務処理では「計画」「素早い判断」「効率と改善」を意識することで、明日からのあなたの仕事への取り組みや周囲の評価がきっと変わってくることでしょう。
今度はあなたが周囲から「あの人は輝いている」と思われる番です。
本稿の内容だけにとどまらず知見を広げ、あなたの理想に向かって一歩一歩前進してください。

『Shelter』公式サイトはこちら
『Shelter即効アプリシリーズ』はこちら

人気記事

各種ご相談・お問い合わせはこちら

  • 資料請求資料請求
  • お問い合わせお問い合わせ
  • 電話0354058115