ディスクロージャーポリシー

1. IR活動に関する基本方針

当社は、IR活動の基本方針として、金融商品取引法および東京証券取引所の定める適時開示規則に基づき適切に開示を行うことはもとより、同法令や同規則で必ずしも開示が求められない情報についても、適時・適切に会社の情報を開示することは上場企業としての責務であり、この責務を果たすことが健全な証券市場を担う一員として必要不可欠であることを十分に認識し、常に株主や投資家の皆様の視点に立ち、迅速・正確かつ公平な情報開示に努めます。

2. 情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)にて公開しております。TDnetにて公開した情報は、当ホームページに速やかに掲載するよう努めます。なお、PDFファイルその他ツールの準備等の都合上、これら情報の本ホームページへの掲載が、TDnetにおける公開時期より大きく遅れることもあります。また、適時開示規則に該当しない情報についても、株主および投資家の皆様の理解を助けると判断した場合は、できるだけ公平、正確、タイムリーに伝達されるよう、適切な方法で当該情報を開示します。

3. 将来の見通しについて

当社では開示情報等、業績見通しに関する情報を提供する場合があります。これらの情報は、作成時点において入手可能な情報による当社の判断および仮定に基づいております。したがって、実際の業績は、様々なリスクや不確定要素の変動および経済情勢などによってこれらと異なる結果になる場合があります。

4. 沈黙期間について

当社は決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日までをIR活動沈黙期間(クワイエットピリオド)としております。この期間中は決算にかかわるお問い合わせへの回答やコメントを控えさせていただきます。ただし、この期間中に適時開示に該当する事実が発生した場合は、開示規則に従い適時適切に開示します。