株主・投資家の皆様へ

環境変化やお客様の期待・ニーズに対応していくため、当社は未来を見据えた経営戦略を策定

日頃より、当社をご支援いただき心より御礼申し上げます。
新型コロナウイルス感染症により、亡くなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げます。
また感染症拡大防止にご尽力されている皆様には深く感謝申し上げます。
当社は「脳力をフル活用できる世界へ。」を企業ビジョンに掲げ、中小企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)化を推進しております。
2年近くに及ぶコロナ禍における経済の低迷は、日本経済に大きなダメージを与えてきました。
当社においても少なからず影響が出た1年でした。
経済が足踏みする世の中で、当社はこの不安定な世の中で改革を進めるチャンスと捉え、人財採用の強化をはじめ、M&A、広告戦略と大きな投資を仕掛けてまいりました。
また従業員と家族の安全を確保するために、今までのワークスタイルを見直し、テレワークを軸とした体制の変更及び強化を進めてまいりました。
足踏みする経済活動でベンチャーらしい大きな攻めは、アフターコロナで一気に加速させるための投資として耐えてきた1年でした。
お待たせしました。いよいよエンジンを吹かす時が来ました。中期経営計画を策定し、月次KPIを開示していくことで、CRM/SFAクラウドサービス「Knowledge Suite(ナレッジスイート)」のDXを加速させ、日本経済を支えるが中堅・中小企業の売上アップを加速させている事実を理解していただくことを目的として開示していきます。
CRM/SFAクラウドサービス「Knowledge Suite(ナレッジスイート)」は導入が進んでおり、導入された中堅・中小企業様からの評価は非常に高いにもかかわらず、企業価値の評価は非常に低く悔やまれます。
投資家の皆様にこのDXサービスがお客様に評価されている事実を理解いただけるよう中期計画必達を最優先に改革元年として取り組んでいく覚悟です。
中堅・中小企業向けSFAの導入実績NO1と自負している「Knowledge Suite(ナレッジスイート)」は、更に導入を加速させる次世代の「KnowledgeSuite(ナレッジスイート)」へと進化を遂げ、今後の少子高齢化による人手不足に悩む中小企業が、意思を持ったデジタルレイバー(AI×RPA)を実装した次世代の「Knowledge Suite(ナレッジスイート)」を通じて、業務の自動化、そして業務の自律化を実現し、なくてはならないクラウドサービスへと進化を続けていきます。
当社DX事業は順調です。中期計画で掲げた、連結売上収益成長率(CAGR)+30%以上、営業利益率10%以上、ROE10%、営業社員100名体制を早期に実現させるべく邁進してまいります。
私、稲葉はTwitter(https://twitter.com/bd_inaba/)を通じて、機関投資家の皆様と一般投資家の皆様との情報格差を埋めるために、情報発信を積極的に行っていく予定です。
株主の皆様におかれましては、何卒ご理解の上、引き続きご支援賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 稲葉雄一

PAGE TOP