ニュース

NEWS

山陽通信工業株式会社様が『Shelter(シェルター)』を導入~管理業務の効率化と見える化に向け導入を決定~

20220105_PressRelease

営業支援・業務支援クラウドコンピューティングカンパニーのナレッジスイート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 稲葉 雄一、東証マザーズ上場:証券コード3999)は、山陽通信工業株式会社様(広島市西区、代表取締役 坂田俊様)によるデータベース型業務アプリケーション開発プラットフォーム『Shelter(シェルター)』(以下、Shelter)の導入、またそれに伴い導入事例取材記事をWebサイトにて2021年12月27日(月)に公開したことをお知らせいたします。

山陽通信工業株式会社様は、広島市を拠点に年間2,500~3,000件もの電気通信設備工事などを行なわれている、創業45年の老舗企業です。この度山陽通信工業株式会社様は、社内業務を一つの流れとして”見える化”することや、ペーパーレス化による業務効率の改善を目的に『Shelter』の導入を決定されました。導入を決定された坂田代表、並びに実際に工事の現場で『Shelter』を日々活用される工事課課長・畑様へのインタビューや、その他複数企業の活用事例をまとめた資料が下記URLからダウンロード可能です。

当社は、引き続き中小企業のデジタル化への投資を促進し、新しい働き方の実現、業務効率化・売上アップの支援、および業務自動化といったデジタルトランスフォーメーション(DX)をより一層推進してまいります。また、山陽通信工業株式会社様をはじめとする『Shelter』導入企業様の一層の効率化・生産性向上を目指し、これからも機能面の向上及び充実を図ってまいります。

NewsThumbnail_山陽通信工業株式会社

【『Shelter』導入事例集ダウンロード】

https://ksj.co.jp/form/shelter/pack/case.html

 

【山陽通信工業株式会社様 事例ページ】

https://ksj.co.jp/shelter/pack/case/0002.html

 

 

山陽通信工業株式会社 会社概要

名称:    山陽通信工業株式会社

設立年月:  1977年6月

本社:    広島市西区三篠町2丁目13-32

代表者:      坂田 俊

事業内容:  電気通信設備工事、セキュリティ設備

会社URL:   https://www.sanyotsushinkogyo.co.jp/index.html

 

 

Shelterとは?

『Shelter』はプログラミングを必要とせず、画面操作だけでデータベース型業務アプリケーションが簡単に作成できる開発プラットフォームです。

https://ksj.co.jp/shelter/

 

 

<3つの特徴>

  • 「簡単に作れて、すぐ使える」…プログラミングなし!最低4クリックでアプリを作成!
  • 「自由にカスタマイズ」…業務の変化に柔軟に対応!またAPI連携やJavaScriptでのデータ処理なども可能!
  • 「ユーザー数、アプリ数無制限」…ID課金からの解放!

 

<Shelter即効アプリシリーズ>

完成済みのアプリを選ぶだけ!DX・テレワーク推進アプリを今すぐ使える状態にして提供する、『Shelter』の新たなサービスです。

https://ksj.co.jp/shelter/pack/

PAGE TOP