ニュース

NEWS

ブランドダイアログ SaaS型SFA/CRM「Knowledge Suite(ナレッジスイート)」を11月に提供

業務支援型SaaS・クラウドカンパニーのブランドダイアログ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 稲葉雄一 以下BD) は、営業支援・業務支援アプリ、SaaS型SFA/CRM「Knowledge Suite(ナレッジスイート)を2009年11月上旬から、順次、テスト版の提供を開始し、来年年初より正式版のリリース開始する予定を発表しました。

BDは独自開発したグリッド技術(特許出願済)「プロモーショナルグリッド」(登録商標出願済)により、外部PCやサーバのCPU/HDD資源をネット ワーク通じてクラウド化し、大規模な仮想スーパーコンピュータを構築しております。これにより自社SaaS事業のインフラコストを削減し、企業や研究機関 などに仮想ストレージや負荷分散処理を、低コストで提供することができ、ユーザーのサーバ・運用コストを大幅に抑えることが可能です。

この独自の技術により、サービスの提供にかかるインフラコストを最小限に抑え、2009年2月より開発を進めていた、営業支援・業務支援アプリケーション SaaS型SFA/CRM「Knowledge Suite(ナレッジスイート)」を11月上旬から提供を開始する予定です。SaaSを通して提供する独自のクラウドサービス(GRID)によるコスト削 減の恩恵をエンドユーザーが享受できるSaaSとなります。“Knowledge Suite(ナレッジスイート)“は、PDCAサイクル※1 の高速化を実現し、低コストによる導入を可能にした営業支援・業務支援SFA/CRMアプリケーションとなります。

———————————
SaaS型SFA/CRM
「Knowledge Suite(ナレッジスイート)」概要
———————————
Knowledge Suite(ナレッジスイート)は、GRIDYグループウェア、GRIDY SFA、GRIDY CRM、GRIDY CENTER、GRIDY AGENCY、GRIDY AFFILIATEの6つのアプリケーション群で構成され、全てのサービスが初期費用無料で利用できます。
GRIDYグループウェアをすでに利用の企業は、申込から最短3営業日ですべてのアプリケーションを利用でき、新規で導入の場合は、申し込みから導入まで最短2営業日で利用できます。
また、ユーザー単位で課金するASPとは異なり、導入から成果が出るまでの期間にかかる労力と費用を最小限に削減させ、成果に応じた費用により利用できる のが、本来のSaaSです。そして、Knowledge Suite(ナレッジスイート)は、全ての機能を利用しても追加オプション等の費用の発生は一切なく、手軽に導入できることが特徴です。

○GRIDYグループウェア:
社内外連携をはじめ、企業の情報資産を一元管理するポータルとして、スケジュール、情報共有、行動履歴管理などの多彩なナレッジベース機能を、企業の利用 環境に合わせて無料・有料版メニューを選択し利用できるグループウェアサービスです。GRIDYグループウェア内では、基本23機能他すべてのアプリケー ション情報の可視化を実現できます。

○GRIDY SFA:
毎日の営業日報、名刺を獲得した企業情報を元に、見込み顧客管理、営業進捗管理、売上管理、売上予測を一元化し、成功プロセスのナレッジベース化を促進し ます。GRIDYグループウェアとの連携により全てのスケジュールや情報資産を無駄なく営業活動に利用していくことが可能です。

○GRIDY CRM:
Webキャンぺーン、アンケート作成・管理支援をはじめ、スムーズかつ確実にSFAとの連携による見込み顧客の獲得、また既存顧客からの問い合わせを、 アップセル、クロスセルへと促すアクション管理、SFA情報とのマッチングの一元管理をはかり、新規顧客から既存顧客へと関係構築に役立ちます。

○GRIDY CENTER:
お客様サポートの一元化、対応履歴管理による洩れの低減はもちろん、問い合わせのスムーズなエスカレーションと迅速かつ適切な回答を支援し、サポート業務の効率化やSFA/CRMとの顧客情報連携による、お客様満足度の向上を実現します。

○GRIDY AGENCY:
製品販売における代理店管理を一元化し、代理店ごとの販売管理・進捗管理、請求管理、代理店フィー管理など、自社販売以外の売上管理が可能です。

○GRIDY AFFILIATE:
WEBを活用した営業をGRIDY CENTERをはじめ、GRIDY SFAとの連携により、効率良く営業活動を推進し、リアル営業以外のWEB専門代理店を構築し売上に貢献していくことが可能です。

SFA/CRMは、情報資産や知的経験資産を共有することから始まり、成果が出始めるまでに3ヶ月~6ヶ月の情報資産の蓄積と知的経験資産の蓄積により効 果を体感し始めます。多くのサービスはユーザー単位の月額課金とストレージ課金、オプション課金との組み合わせであり、成果が出る前また自社の製品や営業 活動に適しているかの判断を行う前からユーザー単位で正規の課金が発生するASP型のサービスがほとんどです。Knowledge Suite(ナレッジスイート)はSaaSの持つ特徴である、「使いたい時に使った分だけの対価を支払う」というSaaSならではの恩恵をお客様が享受で きる為、企業情報レコード登録、営業日報レコードの登録に対してのみ、10円/レコードで提供する予定です。初期費用や月額固定費用、ユーザー利用料は一 切かからず、利用企業全体で利用した分の対価を支払い、成果(ナレッジの蓄積)に応じて、支払いをするSaaSならではの恩恵を享受できるシステムになり ます。

2009年11月上旬にGRIDY SFAの無料フィールドテストを開始し、2ヶ月ほどで正式リリースを予定しています。2010年3月末までに全てのアプリケーションを順次正式リリースする予定です。

まずは、2009年11月11日(水曜日)から東京ビックサイトで開催される、デジタルマーケティングNEXTへの出展に伴い、GRIDY SFAを実際に体験・体感する為のデモストレーションを実施する予定です。
是非ご来場の際は、弊社ブースへお立ち寄りください。
http://www.jma.or.jp/Digi-Ma/

これからもユーザーである事業者が大きな利益を生み出すことができる、低価格のインフラであり、かつ高機能なSaaS開発に努め、さらにエンドユーザーへのサービス向上と、加えて革新的なクラウドサービスの創出に、大きく貢献して参る所存です。

【ブランドダイアログ株式会社の概要】 (2009年9月28日現在)
本  社 : 東京都中央区築地3-7-4
設  立 : 2006年11月1日
事業内容 : インタラクティブコミュニケーション・プロモーション事業
プロモーショナルグリッド事業
インタラクティブプロモーショナルメディア事業
資 本 金 : 67,200,000円(資本準備金57,300,000円)
株  主 : 役員
株式会社ジャフコ
大和SMBCキャピタル株式会社
新規事業投資株式会社
取 引 先 : 株式会社電通、株式会社電通テック、株式会社電通ワンダーマンなど
加盟団体 : グリッド協議会、スーパーコンピュータ技術産業応用協議会、つくば産学連携研究所、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)ビジネスグリッド推進コンソーシアム、特定非営利活動法人ASP・SaaSインダストリ・コンソーシアム
代 表 者 : 稲葉 雄一
U R L : http://www.branddialog.co.jp/

【本リリースに関するお問い合わせ】
ブランドダイアログ株式会社
東京都中央区築地3-7-4トーソービル4階
TEL:03-3547-7070 / FAX:03-3547-7071
担当:経営企画部 矢嶋

※1:PDCAサイクルとは、Plan (計画)、Do(実施・実行)、Check(点検・評価)、Action(処置・改善)の頭文字を繋げて作られた手法です。
Plan (計画)  :今までの実績やこれからの目標をもとにして業務計画を作成する。
Do  (実施・実行):計画に沿って業務を行う。
Check (点検・評価):業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する。
Action(処置・改善):実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする。
PDCAサイクルはフィード・バック手法であり、計画の実施の結果を見て計画を修正するやり方です。これを繰り返せば目標の計画に近づくことになり、知識共有や情報共有によりPDCAサイクルにより計画の精度を高めていく手法です。

PAGE TOP