【クロージングってなに?】ビジネス用語を例文付きで解説

【クロージングってなに?】ビジネス用語を例文付きで解説

ビジネス用語のクロージングの意味を知りたい」と思っていませんか?

ビジネス用語はきちんと意味を理解をしておかないと、会話についていけず、仕事にも支障が出てしまいます。

この記事では、ビジネスにおけるクロージングの意味について紹介していきます。

例文も紹介しながら意味を解説するので、メールや会話で出てきたときも慌てずに対処できるようになるでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

ビジネスにおけるクロージングの意味は複数ある

クロージングという言葉には複数の意味があり、ビジネスにおいては以下3つの意味で使われます。

  1. 洋服
  2. 終了
  3. 契約

意味を履き違えてしまうと、話が通じなくなってしまいます。

スムーズに仕事をするためにも、意味をきちんと把握しておきましょう。

ビジネスにおけるクロージングの意味①洋服

アパレル業界では、「洋服や衣類のこと」をクロージングと呼ぶことがあります。

洋服を収納する「クローゼット」と関連づけて覚えると、わかりやすいかもしれません。

また、「テーラードクロージング」などのように他の言葉と組み合わせて使われることもあります。

「テーラード」は、「仕立ての」という意味で、固めで丈夫に作られたものを指します。

テーラードクロージングは、男性用のかっちりしたデザインをした上着の総称です。

「〇〇クロージング」は「〇〇の特徴を持った衣類」という意味になるので、覚えておくとよいでしょう。

ビジネスにおけるクロージングの意味②終了

クロージングは、英語の「close」からきている言葉です。

「close」は、「閉じる」という意味の動詞が有名ですが、名詞の場合には「終わり、終了」という意味があります。

クロージングは、「終わりにする」という意味で使われるので、覚えておきましょう。

終わりを意味する似た言葉として、エンディングを思い浮かべた人もいるかもしれません。

エンディングも終わりを指しますが、クロージングは「終わりに至るまでの過程」も含むという違いがあります。

ビジネスにおいては「閉店作業」や「プロジェクトを終了させる過程」を指す場合があるので覚えておきましょう。

逆に、始まりを意味すると言葉としてオープニングがあります。

クロージングの対義語として使われる場合には、「開店作業」のように、「始まる過程」も含むので注意してください。

ビジネスにおけるクロージングの意味③契約

営業においては、クロージングは「契約」や「契約に至るまでの過程」を指します。

クロージングができるかどうかは、営業成績に直結するため、営業マンにとってとても大切な能力です。

あなたが営業マンをしている場合には、クロージング力を磨くことをおすすめします。

クロージングのやり方については、以下の記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

>クロージングのやり方を解説|タイミングとコツ【初心者向け】

ビジネスで使われるクロージングの例文①洋服

「洋服、衣類」という意味でクロージングが使われる場合は、以下のようになります。

  • 「そのクロージングを片付けておいてください。」
  • 「今季の新作は〇〇クロージングが目玉です!」

主にアパレル業界で使われる意味です。

ただ、アパレル業界の場合、「閉店作業」や「契約」といった意味でもクロージングが使われることもあります。

意味を勘違いしてしまうと、仕事でトラブルになってしまうので、注意してください。

ビジネスで使われるクロージングの例文②終了

「終了」や「終了する過程」の意味でクロージングが使われる場合には、以下のようになります。

  • 「クロージング(閉店作業)はできる?」
  • 「あのプロジェクトはもうそろそろクロージング(終了)しよう」
  • 「〇〇のクロージング(決済終了)はいつなんだ?」

「終了」という意味で使われる場合には、過程を含んだり、「決済の」という意味が加わったりします。

その場その場で意味が変化するので、会話中に理解できなかった場合には、その都度質問するようにしましょう

ビジネスで使われるクロージングの例文③契約

「契約、契約する過程」という意味でクロージングが使われる場合には、以下のようになります。

  • 「あの顧客のクロージングはうまくいきそうか?」
  • 「〇〇さんはクロージングが苦手みたいだね。」
  • 「営業マンはクロージング力で成績に大きな差がつく。」

契約を結ぶための過程も意味するので、注意しましょう。

契約しますか?」などと聞くことを指す場合もありますが、実際に契約するためには話の流れすべてが重要です。

商談や営業の振る舞いやトークなどのすべてがクロージングするために大切であることを、よく覚えておきましょう。

ビジネスメールにおけるクロージング

ビジネスではメールを使って営業して、契約を取ることもあります。

メールで行うクロージングは、相手の表情が読めないため、通常よりも難しいです。

メールで営業をして契約をしなければいけない人は、以下の記事を読んでみることをおすすめします。

メールでクロージングするときの大事なポイントをまとめています。

すぐに使えるテンプレートも紹介しているので、コピペして普段の営業にぜひ活用してみてください。

>クロージングをメールでするコツ7つ|コピペしてすぐに使える例文アリ

営業でクロージング力を効率的に高めたい場合は

営業で成約できるクロージング力を効率的に身につけたい場合には、オンライン商談をおすすめします。

オンライン商談なら、顧客に会いに行く必要がなく、効率的に経験を積めるからです。

クロージング力はコツを知っただけでは身に付かず、実践によって身につけるしかありません。

効率よく身につけたい場合には、短時間でたくさんの経験ができるオンライン商談が適しています。

オンライン商談をするためには、ツールが必要です。

ツールにはさまざまな種類がありますが、多彩な機能が備わっている商談専用ツールがおすすめです。

ちなみに、商談専用ツールであるVCRMは、会員登録をする必要がないのですぐに活用できます。

使い方でわからないことがあっても、コンサルタントが丁寧にサポートするので安心です。

興味がある方は、以下のリンクから無料資料請求を申し込んでください。

>無料でVCRMの資料を請求する

※ 以上のリンクをクリックすると、お問い合わせフォームが開きます。
氏名やメールアドレスなどの必要事項を記入の上、「具体的なお問い合わせ内容」に「資料が欲しい旨」を記載して送信してください。

まとめ クロージングの意味を理解してビジネスに役立てよう

ビジネスで使われるクロージングの意味について紹介してきました。

クロージングには大きく分けて以下3つの意味があります。

  1. 洋服、衣類
  2. 終了、終了する過程
  3. 契約、契約に至るまでの過程

複数の意味があるため、使われた場面や文脈からどの意味で使われているのかを判断するようにしてください。

もし、それでも意味がわからない場合には、相手に直接聞くのがよいでしょう。

意味がわからないままにしてしまうと、トラブルの原因になるからです。

相手が意図した意味をしっかり理解して、トラブルにならないように注意してください。