03-5405-8111受付時間 9:00~18:00(土日休日を除く)

株式会社東洋レーベル様 株式会社東洋レーベル様

『Knowledge Suite』と『Papattoクラウド』の併用で
新時代の営業スタイルを確立

シール印刷、オフセット印刷だけでなく、センサーやヒーターなどの機能性印刷なども手がける創立45年の老舗・株式会社東洋レーベル様。
しかしコロナ禍によって営業活動が思うようにできず、新規顧客の獲得が課題となっていました。
過去のやり方に縛られない、新たな営業スタイルを生み出すことに伴って導入されたのが『Knowledge Suite』と『Papattoクラウド』の両サービスです。
両者をどのように併用し、どんな成果が見られたのか、導入担当者の高山様に伺います。

株式会社東洋レーベル
導入目的

営業部門の名刺を一元管理し、潜在顧客を発掘。(『Knowledge Suite』)

効率的・効果的なテレアポのためのリスト作成ツールとして。(『Papattoクラウド』)

課題

もらった名刺を個人が属人管理しており、活用できていない。(『Knowledge Suite』)

一般的なリスト会社からのテレアポ用リスト購入はデータ量が少なくコストも高い。(『Papattoクラウド』)

導入効果

名刺管理の日常化と営業業務の見える化に成功。(『Knowledge Suite』)

初めてのテレアポ業務を、低コストでスムーズに実践。(『Papattoクラウド』)

運用方法

営業部門にて導入。他社グループウェアとの連動で定着を推進。(『Knowledge Suite』)

作成したリストを元にテレアポ後、『Knowledge Suite』で顧客管理。(『Papattoクラウド』)

社  名
:株式会社東洋レーベル様
事業内容
:機能性印刷・スクリーン印刷・シール印刷・オフセット印刷
設  立
:1977年11月24日
従業員数
:100名(パート、派遣32名含む)
U R L
https://toyolabel.co.jp/

従来の型に囚われない新しい営業スタイルを
ツールによって実現したい

まずは『Knowledge Suite』のようなビジネスアプリケーションを探し始めた経緯についてお聞かせください。

高山様当社営業部門がコロナ禍によるダメージを受けてしまったことがきっかけでした。
飛び込み営業もできなくなり、展示会も次々と中止になって、新規顧客の獲得が難しくなっていったんです。
なので全社一丸となって、従来の営業活動に囚われない、新しい営業の形を模索していこうということになりました。
WEBを活用したプロモーション活動や、ITツールの導入もその一環だったんですね。
当時私は営業部門に所属していたのですが、会社から「何かよさそうなITツールを見つけてきてくれないか」とオファーを受け、探し始めたのがきっかけです。
特に、当時の会社の問題として挙げられていたのが営業部門の名刺管理です。
営業マンが持っている推定8,000~1万枚程度の名刺が個人管理になっていて、共有ができていない、と。
ならばこれをツールで一元管理して、情報資産として活用すれば、潜在的な顧客が発掘できるのではないか…という考えです。
そこで名刺管理ツールを探し始めたのですが、名刺管理ツールはSFAとセットになっていることが多いんですよね。
そんな中で出会ったのが『Knowledge Suite』です。

まずは『Knowledge Suite』のようなビジネスアプリケーションを探し始めた経緯についてお聞かせください。
『Knowledge Suite』の印象はいかがでしたか?

『Knowledge Suite』の印象はいかがでしたか?

高山様まずはシンプルで簡単そうだな、というのが第一印象ですね。
どこの会社でもそうかもしれませんが、当社の営業マンはとかくITにはうとい者が多くて…(笑)。
なので色々なツールを見ましたが、シンプルさ、とっつきやすさというのは非常に重要視していました。
『Knowledge Suite』なら利用のハードルが低く、みんな使ってくれるのではないかと思ったのが、導入の決め手ですね。
課題だった名刺管理についても、スマホで撮影するかスキャナでスキャンするだけで、あとはほぼ自動でやってくれますから。
それから、すでに導入していた他社のグループウェアと画面や操作感覚が似ていたのも決め手の1つでした。
すでに慣れているものと見た目が似ていれば、みんな抵抗感はないだろうと思ったんです。
それから個人的には、商談管理の項目が簡単にカスタマイズできる点は気に入っています。
当社では製品ごとに特殊な用語で分類して呼び合っているので、そうした限定的な言葉も項目に組み込めるのが非常に便利です。

ITツールが苦手な営業マンたち…
それでも思った以上にすんなり浸透

実際に導入してみて、皆様の反応はどうでしたか?

高山様なるべく使いやすいものを…と考えて導入しましたが、それでも思った以上にみんなすんなり使ってくれました。
導入前は、みんなもうちょっとだらしなく、何日かに1度しか利用しないだろうな…と予想していたのですが(笑)、実際は現在もほぼ毎日『Knowledge Suite』を使っていますね。
とにかく名刺のデータ入力が簡単なので、その点をみんな高く評価しているようです。
先ほど述べたように、グループウェアはすでに他社のものを導入済みだったのですが、そのトップページに『Knowledge Suite』のアイコンを表示させているのも定着に一役買ったと思っています。
みんな朝出社して、PCを立ち上げると『Knowledge Suite』のアイコンが必ず目に入るわけなので、そこで心理的なハードルが下がったのではないでしょうか。
特に年配の社員などはグループウェアにもやっと慣れたくらいなので、新たにツールが導入されたというより、すでにあるグループウェアに1つの機能が組み込まれたように見えたのも良かったんでしょうね。

続きは、PDFでご覧ください

導入事例をダウンロード